2007年06月13日

基本のキ

もう一度年次有給休暇にについておさらいしましょう。有給休暇を利用するためには、社員から会社に対して、有給休暇を請求することが要件です。つまり時季と日数を特定することが必要になります。

社員はこのように有給休暇を取る日を自由に指定することができます。この権利のことを時季指定権といいます。既に説明した通りです。

しかしながら、社員が有給休暇を取ると、会社の事業の正常な運営を妨げるような場合があります。このようなケースでは、会社は社員に対して他の日に有給休暇を変更することを要望することができます。そうです。この権利が時季変更権でしたね。

もうおさらいは結構ですか。わかりました。それでは先に話を進めましょう。よく揉める事案です。有給休暇を請求する時季。これがみなさんの頭を悩ます関心事のひとつだと思います。

有給休暇を取得することは労働者の権利ですが、これを気持ちよく行使することは言葉でいうほど簡単ではないですよね。みなさんも身を持って実感していることでしょう。

有給休暇を取る前に、仕事に支障がないときに取得するように心がけたり、事前の調整をすることは社会人としてのマナーですね。法以前の問題です。会社に迷惑がかかることがわかっていて、あえてその時季に有給休暇を請求するのは、ちょっと…どうしても他に代替することのできない用件があるときは別として。

では、有給休暇を申請する時季についてどうなっているのでしょうか。実は労働基準法上は特に定められていません。つまり原則的には、有給休暇を利用する日の前日までに請求すればよいでしょう。常識的な判断に委ねられます。

緊急の場合は当日でも認めてくれる会社もありますし、休暇を取得した後、事後の判断で有給休暇に振り替えてくれる会社もあります。このあたりは法では特に定められていませんので、労働者に不利にならない取扱いである限り問題ないでしょう。詳細を就業規則に定めておけば、理想的ですが。
ラベル:退職
posted by 管理者 at 09:47| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。